私の同僚君、シンガポール人、30代半ば、独身。
は、変なところがとっても几帳面である。

たとえば、書類はピタッと揃って、その一番端っこギリギリをクリップで止めてないと、イラッとしているのがわかるし。

ランチを食べに行って、フードコートのトレイを、彼の隣の空きテーブルに置きに来たおばちゃんに、明らかにイラッとしているのがわかるし。


でもねえ、社長に流暢な日本語でタメ口なのは気にならないし、食事をくちゃくちゃと音を立てて食べるのも気にならないし、
毎日違う場所で同じメニューを食べることも気にならないという・・・イラッとスイッチとか、やっちゃダメスイッチの場所が、未だによくわからないのである。

でも、とっても良くしてもらっているし、人間的には根はいい人だな、と感じられるようになってきたので、けっこううまくやっている